横浜催眠心理オフィス

カウンセリング・気功催眠療法なら横浜催眠心理オフィスの現役裁判官「岡部純子」が裁判の中で行った作為的な騙し行為⑨

催眠について

About hypnosis

料金・予約

Fee&Resevation

オフィス案内

Our Office

お問い合わせ

Inquiry

掲示板
bbs

 

特別マル秘催眠

Special Menu

ID/パスワードは、オフィス
お問合せください。

 

お問合せはこちら

 

ブログはこちら
HOME»  ブログ»  現役裁判官「岡部純子」が裁判の中で行った作為的な騙し行為⑨
  • mixiチェック

現役裁判官「岡部純子」が裁判の中で行った作為的な騙し行為⑨

■2018/12/04 現役裁判官「岡部純子」が裁判の中で行った作為的な騙し行為⑨
<岡部純子の作為的な裁判進行>

岡部純子が自ら言った事が正しいならば岩崎孝太郎が書いた作文しか出していない相手方の証拠は、一切採用されてはいけない筈であった。

まして、岩崎孝太郎は私に偉そうに「裁判というモノはどんなに嘘を並べても裁判官が信じれば真実だ」という発言をしてそれを私に録音されて証拠提出されている弁護士である。

その録音の文字起こしの証拠には「岩崎孝太郎弁護士はこの様な思想を持っている弁護士である。この考えは裁判を冒涜している考えである。よってより慎重に審議をお願いしたい」という意見も添えてあった。

ゆえに、そんな狡猾な弁護士が書いた文章があるだけで、他のモノは一切証拠採用されないのであれば裁判はやらないのと同じである。

以前に私は岩崎孝太郎に対して「尋問をやらないならば試合放棄だから訴えを取り下げた方がいいのではないか?」と言った事があった。しかし岩崎孝太郎は「いや取り下げはしない」と言い切りその後に「そういう状況なんだから大滝さんの勝ちじゃないですか・・だから早く判決をもらった方がいいんじゃありませんか?」と続けた。

私は、不思議に思って「負けと分かっているならば取り下げた方がいいでしょ!」と言うと岩崎孝太郎は「いや取り下げはしません」と言いながら去って行った事があった。その時も不自然さを感じたが、小心者の岩崎孝太郎が岡部純子の「相手方の主張はすべて証拠採用されない」という言葉を聞きながら平然としていた事が妙に気にかかったが試合放棄の相手が勝つ事は天と地がひっくり返っても裁判の中で起こる訳が無いと信じていた。

そして岡部純子の様な裁判官が存在するとは夢にも思わなかった。

(⑩に続く)



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非 コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
横浜催眠心理オフィス
http://www.ysso.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市神奈川区入江2-19-11 大口増田ビル205
TEL:045-430-1056
----------------------------------------------- -
Facebook:http://p.tl/0O9P
Twitter:http://p.tl/WlN7
mixi:http://p.tl/Am7O
アメブロ:http://p.tl/_7Vn
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆