横浜催眠心理オフィス

カウンセリング・気功催眠療法なら横浜催眠心理オフィスの裁判官・岡部純子の明らかな不正裁判とは(誤審ではない)

催眠について

About hypnosis

料金・予約

Fee&Resevation

オフィス案内

Our Office

お問い合わせ

Inquiry

掲示板
bbs

 

特別マル秘催眠

Special Menu

ID/パスワードは、オフィス
お問合せください。

 

お問合せはこちら

 

ブログはこちら
HOME»  ブログ»  裁判官・岡部純子の明らかな不正裁判とは(誤審ではない)
  • mixiチェック

裁判官・岡部純子の明らかな不正裁判とは(誤審ではない)

■2018/09/24 裁判官・岡部純子の明らかな不正裁判とは(誤審ではない)
岡部純子が裁判官として判決を出したものが、正式に証拠提出されたモノを、岡部純子が間違った判断をしてしまい、その結果、不当と言える判決になってしまったと言うのであれば、まだ許せるのかも知れない。

しかし、その判決によって一人の人間の人生が大きく変わってしまう可能性を含んでいる事が多いのが裁判である。
野球のアウト・ストライクの判定とはおよそ重みが違う。

裁判官も人間である。
間違いもしてはならないしミスも許さないと言いたくてもそれは不可能かもしれない。

だが、そのミスジャッジも、不可抗力的な致し方ない理由があってこそのミスジャッジなら許せるが、明らかな裁判官の判断ミスによって起こったミスジャッジだったら裁判官をやめる位の事が必要なのではないだろうか?

相撲の最高位の立行司が腰に担当を差しているが、これは差し違い(ミスジャッジ)をしたらその短刀で腹を切る覚悟で判定を下すという覚悟だという。

裁判官もそれだけのプライドが無ければならないのではないだろうか?

それなのに岡部純子は、意識して裁判を歪めて、裁判を利用してお金を盗み取ろうとする悪人に協力してたのである。

つまり、うっかりしていて悪人の策略に乗ってしまって間違った判決を出したのではなく、意識して悪人に加担したのである。なぜ意識して悪人に加担したと言えるかは次回のブログで書く事にする。

それを含めて不正が多すぎて細かく書くと一度では書ききれず、この先に何度も説明をする必要があるだろうが、それを分かって貰う為に物語仕立てで書いたのが実録「闇裁判」である。









◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非 コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
横浜催眠心理オフィス
http://www.ysso.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市神奈川区入江2-19-11 大口増田ビル205
TEL:045-430-1056
----------------------------------------------- -
Facebook:http://p.tl/0O9P
Twitter:http://p.tl/WlN7
mixi:http://p.tl/Am7O
アメブロ:http://p.tl/_7Vn
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆