横浜催眠心理オフィス

カウンセリング・気功催眠療法なら横浜催眠心理オフィスの神奈川県 大和偽装自殺殺人事件32「大和署管内の理由分析②」

催眠について

About hypnosis

料金・予約

Fee&Resevation

オフィス案内

Our Office

お問い合わせ

Inquiry

掲示板
bbs

 

特別マル秘催眠

Special Menu

ID/パスワードは、オフィス
お問合せください。

 

お問合せはこちら

 

ブログはこちら
HOME»  ブログ»  神奈川県 大和偽装自殺殺人事件32「大和署管内の理由分析②」
  • mixiチェック

神奈川県 大和偽装自殺殺人事件32「大和署管内の理由分析②」

■2018/09/01 神奈川県 大和偽装自殺殺人事件32「大和署管内の理由分析②」
(大和警察署管内でなければならない理由分析②)
最初私は、Hは息子は実家には、いないと言っていたが、息子は本当は実家にいてウィークリーマンションなどには泊まっていないのではないか・・という考えを持った。しかし息子が死んだ後、死んだ人間がHの息子本人かを確かめるために神戸刑事はウィークリーマンションを訪ねて確認したという話をしていた。その話が嘘でないならば息子は実家ではなくお金をかけてまでウィークリーマンションにいたことになる。 なぜそんなことをしなければならなかったのかを推理して仮説を立ててみた。 Hの実家の家というのは実家の周りには古くからの人が住んでいるはずである。 Hが子供の時からの知り合いで当然Hの息子のことも生まれた時から知っている可能性が高い。その息子が実家でずっと暮らしていたら絶対に誰かに目撃されることになるはずである。おせっかいなおばちゃんなら声をかけて話をしたりもするはずである。もし自殺など全くする素振りもなかった息子が突然自殺して死んだら絶対に不信感を抱くに違いない。だからお金をかけてでも実家では生活をさせるわけにはいかなかったのではないだろうか・・。
しかし、もし息子が自殺など全くするつもりがなかったとしたらHの実家が大和にあるのに何で同じ大和でウィークリーマンションを借りて生活をしなければならないのかという説明がつかない。息子が「実家に寝泊まりすればいいのに何でウィークリーマンションになんかで生活しなければならないの?」という疑問を持ちHに尋ねるのではないだろうか・・。その時に息子はHからどんな説明を受けて納得して実家ではなくウィークリーマンションで暮らす事を承諾したのだろうか。まさか実の母親に殺されるとは思っていないだろうからそれ程巧妙に理由を考えなくても息子は母親の言った通りに従ったと思われるがそれも、息子が借金をして借金の取りから逃げ回っている状況ならば説明が付く。



◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非 コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
横浜催眠心理オフィス
http://www.ysso.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市神奈川区入江2-19-11 大口増田ビル205
TEL:045-430-1056
----------------------------------------------- -
Facebook:http://p.tl/0O9P
Twitter:http://p.tl/WlN7
mixi:http://p.tl/Am7O
アメブロ:http://p.tl/_7Vn
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆