横浜催眠心理オフィス

【神奈川・横浜】恐怖症やうつ病、ダイエットでお困りなら、『横浜催眠心理オフィス』にご相談ください。催眠療法や心理療法診、気功催眠を用いて症状を治療いたします。

催眠について

About hypnosis

料金・予約

Fee&Resevation

オフィス案内

Our Office

お問い合わせ

Inquiry

掲示板
bbs

 

特別マル秘催眠

Special Menu

メンバーログイン

Menber Login

ID/パスワードは、オフィス
お問合せください。

 

お問合せはこちら

 

ブログはこちら
HOME»  アクセス

オフィス案内(個人セッションは大口オフィスで行います)

<大口オフィス設立の理由>

平成21年、私(大滝)の書いた「トラウマ力(ぢから)」「人に生きる勇気を与える良書」という評価を受け日本文芸アカデミー賞「金賞」を受賞し、その本の紹介が日本経済新聞の1面の本の紹介欄に載りました。

本部オフィスのある「新子安」にブックピアという大きな書店があり、そこの店長が私の隠れフアンだったのでその記事を見つけて私の著書のコーナーを作って宣伝をしてくれました。札に「ここのマンションで診療を行っている先生です」という触れ込みで受賞してから数か月は毎月100冊位ずつ売れていたそうでした。

ところが良い事ばかりは無いモノで、その「このマンションで診療を行っている先生です」という文字を読んで「このマンションは住居専門のはずなのにオフィスとして使うのは違反じゃないか?すぐに止める様に警告しろ」という内容で管理委員会にクレームをつけた人間がいたそうでした。

「そういう風に言ってきた人がいるんですが事実ですか?」と言われ

「やっていないと言えば嘘になりますが、別に看板を出してドアの外にワゴンを出してモノを売っている訳ではないんですから・・・弁護士が「今日は自宅で話を聞きましょう」とか設計士が「今日は自宅で線を引こう」というのと同じじゃないですか!と言ったのですが

「それは一理ありますが、でももしそういう人がいたとしてもその人たちは他にちゃんとオフィスを持っていて「今日だけ緊急避難的に・・」という状況ですよね?そこをずっとオフィスにしているのとは違いますよね!」と言われ

ん~・・!面倒くさいな・・じゃあ他にオフィスがあればいい訳?

「そうですね!私もクレームをつけられた以上、何にも処置しないままでは再度質問が来た時に困りますから・・」

という流れになってしまい必要もない大口オフィスを作る事になってしまいました。

そのかわり本部オフィスは駅から7分ほど歩かなければなりませんが、大口オフィスは徒歩2分の所に作りましたので宜しく活用ください。

 

本部オフィス

横浜市神奈川区新子安1-2-2 A902

 

大口駅前オフィス

横浜市神奈川区入江2-19-11 205

 

電話番号:045-430-1056 年中無休

<写真で説明を参照ください>