横浜催眠心理オフィス

【神奈川・横浜】恐怖症やうつ病、ダイエットでお困りなら、『横浜催眠心理オフィス』にご相談ください。催眠療法や心理療法診、気功催眠を用いて症状を治療いたします。

催眠について

About hypnosis

料金・予約

Fee&Resevation

オフィス案内

Our Office

お問い合わせ

Inquiry

掲示板
bbs

 

特別マル秘催眠

Special Menu

メンバーログイン

Menber Login

ID/パスワードは、オフィス
お問合せください。

 

お問合せはこちら

 

ブログはこちら
HOME»  ブログ記事一覧»  サルでも分かる「御用学者」の実態の知識

サルでも分かる「御用学者」の実態の知識

サルでも分かる「御用学者」の実態の知識

■2015/02/22 サルでも分かる「御用学者」の実態の知識
御用学者」って実際にはどんな人たちを指すの?
という問いに実例をあげて説明していきましょう。

<知識>
2011年3月の東京電力・福島第一原発の原発震災以来、原子力ムラ(近頃は原子力マフィアと言う)に属する御用学者たちがあぶり出されています。

当初はNHKをはじめテレビや新聞などのメディアにこれら御用学者たちが出演して
「大した事態ではないので大騒ぎしないように」と解説し、地元の人々の避難を遅らせて大量の被曝をさせる原因を作りました。
その後、それまでの「原発の安全神話」を作り上げてきたのも、これらの御用学者たちだったことが明らかになってきているという現状を最低限持って下さい。

でもこのように発覚して名前が分かってしまう御用学者」^はほんの一部に過ぎません。
「原子力マフィア」などの名前で一括りに非難されることが多くあまり個人名で追求されないので、非難されるべき人が責任を取らずにいられるという実態があります。
メディアを操り国民を欺き、世界を汚染し、多くの人を被爆させた罪を償うどころか、未だに原発で金儲けを続けようという人間は、実名で糾弾され、責任を追及されるべきだと思います

御用学者やその人たちと関わった人達は、被曝を余儀なくされた人の怒りや、故郷を奪われた人の絶望と向き合い、この悲惨な状況は自分のせいであること自分が悪であることを自覚し、責任を取って欲しいと心から願います。

一部の人の利権や保身のために動いている日本が変わることを願って止みません。

しかし、じつは御用学者たちは、この時に始まったわけではありません。

1950年代から熊本県の水俣でも、そして後に新潟県の阿賀野川流域でも多大な人体被害を生じた水俣病のときも、工場が廃水として流した有機水銀が原因であったことを熊本大学医学部の研究者たちが早くから指摘していました。

 しかし当時の政府国策企業(チッソや昭和電工)の意向に添って原因をはぐらかせ、その結果、被害と人々の苦しみを拡げてしまったのも、御用学者たちでした。

いや個々の御用学者たちばかりではなく、日本化学工業協会医学会などの業界や科学者の組織も、組織を挙げて、徹底して有機水銀説を攻撃して隠蔽をしようとしました。

水俣病を 「アミン原因」説や「腐った魚を食べたのが原因」などと主張した清浦雷作教授(東京工業大学)戸木田菊次教授(東邦大)らが、毎晩のように銀座豪遊していたのも目撃されていたという呆れた事実もあります。

この程度の知識があれば内容を知っている70点満点の50点位は確保できると思います。

明日はその50点を「なぜ御用学者がこんなにも多く出現したのか?」という知識で70点を目指し、さらにそれに対する自分の良い考えを加えて100点を目指してみましょう。

自分の良い考えを出すのは難しい・・と考えている方は頭が固すぎます。

自分がオリジナルで考え出さなくても他人が考えた良い意見を自分のモノにすればそれで充分なのです。

明日はそんな領域にチャレンジしてみましょう。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
☆「いいね!」や「ツイートする」ボタンより是非 コメントやご感想をお願い致します☆
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
横浜催眠心理オフィス
http://www.ysso.com
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
住所:神奈川県横浜市神奈川区入江2-19-11 大口増田ビル205
TEL:045-430-1056
----------------------------------------------- -
Facebook:http://p.tl/0O9P
Twitter:http://p.tl/WlN7
mixi:http://p.tl/Am7O
アメブロ:http://p.tl/_7Vn
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…* …
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2015-02-22 19:01:00

  |  コメント(0)

 

コメント

お名前
URL
コメント